福岡で通信制高校に在籍する!

不登校や引きこもりへの理解もあって相談体制も充実

不登校や引きこもりへの理解もあって相談体制も充実ホームスクールという選択肢もあると理解しましょう人づきあいが苦手などの悩みも教職員が優しくサポート

例えば福岡の「明蓬館高等学校」は全国広域制通信制の高校ですが、校長の日野公三先生は登校義務のない「東京インターハイスクール」創立者でNPO日本ホームスクール支援協会理事長、(教育の多様化を目指す)新しい学校の会の理事を務めます。
生徒のありのままを肯定し、例えば不登校で自分を責める生徒に対しては「勉強方法や学校の校風が自分に合わなかっただけ」と捉えます。
すると「不登校」という考え方はなくなるでしょう。
中学3年生向けのフリースクールも設置され、高校進学や通信制高校などへの相談に応じます。
不登校の中学生や不登校を経験した生徒、保健室登校など学校やクラスに抵抗ある人の居場所を目指します。
小学校の学び直しや高校進学に向けた学習も可能。
明蓬館高校へ入学希望しなくても利用できます。
「NHK学園高等学校」も人気校です。
日本初の広域通信制の高校ですが、教育評論家の尾木直樹先生がアドバイザーを務めます。
不登校や引きこもりへの理解もあって相談体制も充実。
引きこもりなどは一人一人大きく状況が異なり一括りにはできないので、焦らずじっくり一人一人の生徒に温かく寄り添います。
例えば高校で不登校になると、出席日数が足りずに退学または留年を余儀なくされます。
他高校へ編入・転入もできますが、もし転校先でさらに上手くいかないと、より挫折感が強まる恐れがあります。

高校を二回転校し通信制高校に通ってます。

そろそろバイト始めなきゃなあと応募したはいいものの面接の日程を決めるのに渋っています。

大学に行きたいので勉強はがんばりたい、教えてください。
#ミスiD2020 pic.twitter.com/kBtmkTYRz9

— ぴろち (@cherry_hrn) 2018年11月23日